カワゴエ・ラボ技術者指南書

Linux,vi,Java,Web,CSS,HTML

ユーザのロックを解除

passwd -u hogehoge usermod -L hogehoge

ファイルサイズ順にG、M表示でls

ls -lSh

sedを使った文字列の置換処理

cat messages | sed -e 's/Systemwalker/SYSTEMWALKER/g' > messages_new

送るフォルダを表示させたい

shell:sendto(スペースはいらない)

tarファイルの中身を確認

tar tf tar_file

WUの起動状態確認

islisetwu -a | sort

再帰的にサブディレクトリの所有者を変更する

chown -R user dir

サブディレクトリの検索

grep -r "execJ" /tmp

文字列を再帰的に検索し検索結果に行番号を記載

grep -rn PATH_TEMP *.java

viで大文字小文字を気にせずに検索

\c検索文字列

viでフルパスの置換をしたい場合

%s;/export/J;/export/7;gc

条件にorとかandを付けて検索

find / -name "*.js" -or -name "*.html" find / -name "*.js" -and -name "*.html"

一日以内に更新されたファイルを検索する

find / -mtime -1 -ls

圧縮してtar

tar cvzfp tar xvzfpp … パーミッションを保持して固める(rootでやる必要がある)

文字列を再帰的にgrep

grep -rn PATH_TEMP *.java

うっとうしい許可がありませんを表示しないでfind

find / -name "hogehoge" 2>dev/null

grepで先頭1文字目を判定する

以下のようなテキストを hoage@hogehoge[hoge]$ cat hogehoge.dat a b c d e f g h i 先頭1文字目がaとgのものだけを抽出できたりする hoge@hogehoge[hoge]$ cat hogehoge.dat | grep -E '^a|^g' a b c g h i

DBスペースの使用量を確認する

set lines 120 set pages 100 set term off tti off clear col col TABLESPACE_NAME format a15 col "SIZE(KB)" format a19 col "USED(KB)" format a19 col "FREE(KB)" format a19 col "USED(%)" format 990.99 select tablespace_name, to_char(nvl(total_b…

minusでSQL結果が一致するか確認する

SELECT 1, 2 FROM DUAL UNION SELECT 2, 3 FROM DUAL MINUS SELECT 1, 2 FROM DUAL; ※参考 http://www.shift-the-oracle.com/sql/minus-operator.html

sqlldrコマンド

oracleで使用するsqlldrコマンドの基本 sqlldr hoge/hoge@HOGEHOGE control='hoge.ctl' data='hoge.csv' errors=-1 rows=1000000 readsize=10000000 bindsize=10000000 引数の説明 1.ユーザ/パスワード@DB名 2.control:controlファイルを指定 3.data:読み込…

awkのコマンド

awkはLinuxのコマンドをパワフルにする言語 独特だがテキストの編集に威力を発揮する。例えば以下のようなlsコマンドの結果を、、 hogehoge@hoge[~]$ ls -l drwxr-sr-x 17 b101 jijib 4096 Jun 27 09:29 ./ drwxr-xr-x 33 root root 4096 Nov 6 2015 ../ -rw…

TRUNCATE

DELETEを用いるよりTRUNCATE文を使ったほうが早くテーブルデータを削除できる。 ロールバックできないので注意。

サイズ指定してファイルを探す

find / -size +1G | xargs ls -lrth 1ギガ以上のファイルをルートディレクトリから検索

カレントフォルダにあるlogファイルを10行表示する

ls -1tr ./*.log | xargs tail -n 10 (パイプ)でコマンドをつなぎ合わせるといろいろな呪文ができる。

結果を10行だけ返す

select * from hogehoge_tbl where rownum

ファイル数をカウント

find . -type f | wc -l フォルダのファイル数を調べたいときに

ファイルの行数を確認

$ wc hogehoge.log 60 141 2175 hogehoge.log

COUNTにカラムを指定する

select count(*) よりselect count(カラム名) のほうがパフォーマンスが向上する ORACLE/オラクルSQLリファレンス(チューニング) http://oracle.se-free.com/tuning/B1_wild.html

見やすいWBS(スケジュール)の書き方

WBSを作成する時は色を設定すると見やすい 上段に全体スケジュールを記載して、下段に詳細スケジュールを記載するのが基本 印刷する時に説明しやすいようにタスクごとの色は分けておく 項目は項番、タスク、担当、予定、ステータス、備考ぐらい。 必要に応じ…

数式の内容が文字列で表示される場合の対処方法

ファイル⇒オプション⇒詳細設定を選択。 次のシートで作業するときの表示設定で【計算結果の代わりに数式をセルに表示する】のチェックをはずす。